×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ(南木-楠木正成サイト-) >>  楠木行康(くすのきゆきやす)

楠木行康(?〜?)

逆さ菊水紋紹介
 室町時代の人物。楠木正理の男子、雅楽助。子に正俊。
 紀伊国(和歌山県)で、楠木雅樂助行康をはじめとする南朝の遺臣たちが、南朝の縁者(円満院か)を奉じて足利幕府に対して蜂起しました。幕府は宇都宮群綱を大将にして現地に征伐に向かわせるも、初戦は幕府軍が打ち負かされ粉河寺に引きこもります。やがて、幕府軍には畠山氏の加勢があり、蜂起した南朝勢力を平らげました。
 1457〜58年の赤松遺臣による長禄の変(北山宮を襲撃し神璽奪回)の時に、行康は足を負傷し、その後、紀伊国の熊野本宮に逃れたと伝わります。